医師のキャスティングならトップドクターズ

御川 安仁

「自己回復力」「自然治癒力」を回復させ、病気にならない身体を作るサポートを。

プロフィール

御川安仁
医師名 御川 安仁
ふりがな みかわ やすひと
生年月日 1967年4月
出身地 兵庫県
血液型 A型
勤務先 医療法人 ナチュラルアートクリニック
役職 院長
出身校 岡山大学

得意分野

栄養を使った細胞回復、自己回復力改善治療、疲労、がん、アレルギー等

経歴

平成7年 岡山大学医学部卒業
平成7年 岡山大学医学部附属病院 麻酔蘇生学教室
平成7年 岡山赤十字病院 救命救急センター 麻酔科
平成9年 高知県立安芸病院 麻酔科
平成11年 国家公務員共済組合連合会 呉共済病院 麻酔科
平成14年 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 麻酔・蘇生学講座
平成15年 医療法人里仁会 興生総合病院 救急科 麻酔科
平成16年 国立国際医療センター 救急部 臨床研修指導医
平成17年 川口市立医療センター 救命救急センター 医長
平成18年 医療法人新松田会 愛宕病院 ER-救急蘇生センター 救急部長 統合医療科 麻酔科
平成27年 医療法人 ナチュラルアートクリニック開院

メディア出演

2018年10月24日 「梅沢富美男のズバッと聞きます!」フジテレビ
2018年9月20日 「ヒルナンデス」日テレ
2018年6月24日 「ザ・ドクタージャッジ」 フジテレビ
2017年6月15日 「スッキリ!!」 日本テレビ
2017年5月6日  「林修の今でしょ!講座」 テレビ朝日

資格

医師・医学博士
日本麻酔科学会麻酔科指導医
日本救急医学会救急科専門医
日本抗加齢医学会専門医
日本統合医療学会認定医
統合医療臨床認定医
細胞環境デザイン学上級医師コース修了
日本DMAT(災害派遣医療チーム)チームリーダー
分子整合栄養医学専門医
サプリメント療法認定医
点滴療法認定医
日本予防医療協会予防医療診断士
遠絡療法専門医
アーユルヴェーダ医師コース修了
JATEC(外傷初期診療)
JPTEC(外傷病院前救護)
ACLS(二次心肺蘇生法)
ICLS(心肺蘇生法)
ITLS(病院前外傷処置)

所属学会

受賞歴

執筆・講演

2018年9月9日 第15回日本自然医療協議学会
特別講演「リンパと認知症、そして栄養との関連」

2018年8月4日-5日 癒しフェア
「人はなぜ病気になるのか?思考、感情と病気の関連最新のがん予防法」(60分間講演)

2018年7月28日-29日 抗加齢医学を実践する臨床医の会in金沢 第9回抗加齢夏合宿
「特殊な?マニアな?検査を用いると治療方針が立てやすくなる」

2018年7月15日 第15回 日本自然医療協議学会開催記念特別講座
御川医師「分子栄養学講座」

2018年7月8日 NPO法人統合医学健康増進会
「子供の健康はお母さんの栄養・細菌状態で決まる~栄養・細菌バランスとデトックスの必要性~」

2018年7月8日 日本アーユルヴェーダスクール
講演会「アーユルヴェーダ理論の現代医療への臨床応用」

2017年7月1日 すかい21 エステックセミナー
「エステックEIS/ESO Ver.3.5と栄養療法

2017年6月17日 第2回すいそ21研究会
「水素臨床応用のその後」

2018年5月27日 ファスティングマイスター学院(大阪)
1級マイスター講座 講義

など、多数講演。

統合医療、栄養療法、自然療法もご相談できる先生です。

御川安仁

医師を目指した理由は?

もともとは宇宙物理学者か化学者になりたかったが父からそれでは食べてゆけないと諭され、バイオテクノロジー研究所か薬剤師を目指すことにした。ところがもともと何でも一番が好きなタイプで、人に理系で一番偏差値の高い医学部に行くように勧められ、医学部を目指すことにした。つまり医師になりたかったわけではありません。その後医師として診療や研究に携わるうちに医師の立場から宇宙と人間とのかかわりなどを探求し、意外なことに大きく関係していることが分かり今では医師になって良かったと思っています。

診療で気をつけていることは?

一人一人にじっくりと時間をかけ話を聞き診療にのぞむこと。アートクリニックというクリニック名の由来は、生命体・人間の機能そのものがアートであり、自分のもつ知識をアーティスティックに提供して回復力を増大させるクリニックという意味であります。

greencl

一番記憶に残っている患者さんはいますか?

救急医の時、脳の低体温療法を独自に開発して、どんなに良くても植物状態と言われた患者さんが回復して歩いて帰ったこと。

医師以外の活動

趣味特技・休日の過ごし方、ハマっていることなど

講演、勉強で忙しくてあまり遊ばない、年一回TDLかUSjに行く、大学時代はバスケット

変わったストーリーがあれば

救急医や麻酔医をやってきたが現代医療の限界を感じることもあり、補完代替医療を勉強するために10年間で1億円くらいつぎ込んだ。他人からは「180°違う方向へ行きましたね」と言われるが、自分では救急などこれまでの医療の延長線上と考えている。数千万円をかけてアロマやカウンセリング、リフレクソロジー、サプリ等の店舗を経営したが、シロウトの経営だったためうまくゆかず倒産した。今のクリニックでは「私、失敗しないので!!」

講演依頼、キャスティング依頼は下記よりメールにてご連絡ください。